自転車〜ぁぁぁぁ

昼過ぎに雨が降り、やや止んだところで自転車に乗って出掛けようとしてペダルに足を掛けひとこぎしたら、ガシャン直後、ペダルが空回り。。

自転車から降り、前方向に転がすと進み、後方向に転がすとチェーンが引っ掛かって動かなくなるチェーンは切れていない。

あ〜あどの道すぐには出かけられない。。

とりあえず兄の自転車を借りて小雨の中郵便局へ行くというか、郵便局の用事だけでも済ませておかないと。

用事を済ませてから自転車の具合を見る。この自転車、もう10年は軽く乗られているし、普段は庭に置きっぱなしの雨ざらしであちこち錆だらけ

いつからだか記憶がないけどチェーンも伸びちゃってチェーンカバーの底とチェーンが当たってこぐ度にカシャカシャ音がしていたというか、何かが何かに当たって擦れてるなぁと思ってたけど、コレだったのねって感じ。

とりあえずチェーンを掛けなおすも、チェーンがだるんだるん。。ペダルを回すとカシャンカシャンどうしたものか。。

日が落ちてしまったので今日はここまでにしておいて、チェーンの弛みの調節方法を調べた。

ネットってすごいね、検索したらすぐ出てきた。コンドル頭を検索したときは全く出てこなかったけどね。

何故にコンドル頭か昔、兄の通っていた高校の校則にコンドル頭禁止という項目があったそうで、高校時代からコンドル頭がどういう髪型なのか未だにわからずスッキリしないようで。

コンドル頭といっても、当のコンドルはハゲタカじゃんかで、検索したらコンドル頭の説明らしきものはなくコンドルの画像検索してみたところオスのコンドルには鶏で言うところの鶏冠のようなものがあり、それが見様によってはリーゼントのように見える気がする。

ということでいいんじゃね?というか、何故に疑問に思ったときに当時の先生に訊かないのだろうそっちのほうが疑問である。