チョーショックチョコで脳若返りは本当?

思うがん

どうぞ、ポチッとよろしくお願いします。

連絡先090-2647-1556

Einfocom

チョコで脳若返りは本当?データ不足か、国検証へ

共同通信社2017年5月19日(金)

製菓会社明治がチョコレートを食べると脳が若返る可能性があると発表した研究成果について、資金支援した内閣府は18日に有識者会議を開き、科学的なデータが不十分だった可能性があるとして、研究の事実関係を検証することを決めた。

研究は、内閣府の支援制度の革新的研究開発推進プログラムを利用し、データ経営研究所出身の山川義徳やまかわよしのり氏が統括を務める脳科学プログラムの一環。チョコの摂取と大脳皮質の量の関係を調べるとして、明治が共同で研究した。

明治は1月の中間報告会で、カカオ成分の多いチョコを4週間食べると、大脳皮質の量を増やし、学習機能を高める脳が若返る可能性があることを確認したと発表した。しかし、比較対象となるチョコを摂取していない被験者のデータがなく、裏付けが不十分との指摘があった。

18日の非公開の会議には山川氏も出席し、研究内容を確認した。今後、脳科学の専門家からも意見を聞く方針。

内閣府は、他の研究テーマを含めた山川氏のプログラムの全体に、2014年からの5年間で総額約33億円の予算を計上している。

実験手法、検証へカカオ多いチョコで脳若返り内閣府の会議

朝日新聞2017年5月19日(金)

内閣府の研究支援制度革新的研究開発推進プログラムを使った脳科学研究で、科学的な裏付けが足りないまま発表した問題について、内閣府有識者会議は18日、実験の手法について検証する方針を決めた。

研究では、カカオ成分の多いチョコレートが大脳皮質の量を増やすか調べる際、食べなかった人とは比べず、チョコを食べた30人のデータのみで学習機能を高める脳の若返りの可能性があると発表していた。

内閣府などによると、京都大などで脳科学を研究し、今回の研究を統括した山川義徳氏は、発表について十分に立証されておらず、行き過ぎた表現があったと報告。一方、実験手法については、チョコ以外の様な食品や運動でも調べており、これらの結果と比べることでチョコを食べなかった人のデータを補える、という趣旨の説明をしたという。有識者会議は、実験手法が科学的に妥当だったか検証するため、別の脳科学の研究者から意見を聴くことにした。

杉本崇

チョコに若返り効果裏づけデータが不十分?研究を検証

読売新聞2017年5月19日(金)

内閣府有識者会議は18日、チョコレートが脳機能の若返りに効果があるとする研究プロジェクトについて、裏づけデータが不十分な可能性があるとして、検証作業を開始した。

問題になったのは内閣府が支援する革新的研究開発推進プログラムの対象研究の一つ。データ経営研究所シニアマネージャーの山川義徳氏が統括する脳研究の一環で、製菓会社の明治と共同で行った。

山川氏と明治は今年1月の中間報告で、高カカオチョコレートに大脳皮質の量を増やし、学習機能を高める脳の若返り可能性があることを確認したと発表した。

だが、この研究は比較対象群としてチョコを摂取しない被験者を準備しておらず、科学研究として不十分だった可能性を、一部の研究者が指摘していた。

高カカオチョコで脳が若返り

ImPACT山川プログラム-明治、大脳皮質量増え学習機能高める可能性

化学工業日報2017年1月21日(土)

内閣府の国家重点研究の一つで、脳情報の可視化と制御による活力ある生活の実現を目指す革新的研究開発推進プログラム山川プログラムと明治はカカオ分の高いチョコレートの継続摂取によって大脳皮質の量を増やし、学習機能を高める可能性があることを確認した。臨床試験を実施して同プログラムが提唱する脳の健康測定指標を計測し、脳の若返りともいえる効果を見出した。日本が新たな産学官研究のあり方としてイノベーションを起こそうとしているオープンサイエンスによる最先端の研究成果で、脳情報の見える化に道筋が得られた。

内閣府がダイレクトに手掛ける挑戦的研究開発。学者、民間人ら国の科学技術イノベーション会議が選んだ人材をプログラムマネージャーに置いている。山川プログラムは大学研究職や民間企業に従事した経験を持つ山川義徳氏ブレインインパクト理事長をに、京都大、理研、筑波大、大阪市立大などが参画。脳情報に関する研究として、脳健康指標づくりを進めるとともに疾患や加齢により損なわれた脳機能の維持増進に役立つ脳の健康に着目した。

今回の試験では45〜68歳の男女30人男性15人、女性15人に、カカオ分70以上のチョコレートを4週間、1日当たり25グラム5グラム5枚摂取してもらった。摂取前と後で脳の計測による画像をもとに独自解析法を用いて、大脳皮質の量と神経線維の質を調べた。過去の研究から加齢や認知症によって大脳皮質の量が減る通常人では年間06ポイント減少という研究報告があり、との相関性は高い。

その結果、の値が摂取前に平均947ポイントだったが、摂取後は958ポイントと、平均11ポイント増加最大値は2ポイントすることを確認した。とくに45〜55歳の女性の約60の被験者は、顕著に増加した。また、値の増加データも得られた。

山川は脳の健康を測る明確な手法はなく、に代表される脳の働きしか表せない。を指標として大規模脳情報蓄積基盤の開発などを通じて脳の健康状態を予測し、健康維持増進のためのヘルスケアサービスや学習支援サービスができるようにしたいと、成果を生かし産業化に結びつけたいとする。

明治の佐藤裕之常務執行役員研究本部長は、チョコレートの未知の可能性を広げる研究成果が得られた。今回の小規模試験の可能性をさらに追求していくため、今後は山川プログラムとともに大規模長期研究を開始することを決めたと次期研究に着手することを明らかにした。

明治では今回の成果以前に、高カカオチョコレートが脳由来神経栄養因子が増加することを愛知県蒲郡市などと共同の臨床試験により確認していた。

カカオを多く含むチョコ、毎日食べると脳が

読売新聞2017年1月20日(金)

内閣府のプロジェクトチームと食品メーカーの明治は18日、カカオを多く含むチョコレートを中高年の男女30人に4週間にわたり毎日食べてもらったところ、学習などにかかわる大脳皮質の量が6割の人で増えたと発表した。

脳の機能が平均1〜2歳若返った可能性があるといい、今後は対象者を増やした長期的な実験を行う計画だ。

チームは今回、脳の構造を画像化する磁気共鳴画像装置を使って、大脳皮質の量を数値化する手法を開発。試験的にカカオを70以上含むチョコを1日25グラムずつ、45〜68歳の男女に食べてもらった。その結果、18人で大脳皮質の量が増え、特に女性でその傾向が強かったという。

大阪市立大健康科学イノベーションセンターの渡辺恭良所長神経科学は抗酸化作用のあるカカオが、脳の若返りに寄与している可能性はあるが、さらにデータを集めてメカニズムを調べる必要があると話した。

(;)(;)(;)(;)(;)(;)(;)(;)

日常生活に光線を

万が一大腸がんとなったら

医学に頼らず自分で治す

チョコレートでも食べながら

あなたにも、私にも免疫力があり新陳代謝を促すべき

医聖ヒポクラテス

人間は生まれながらにして自らの内に100人の名医を持っている

治すのはからだであって、医師ではない

(;)(;)(;)(;)(;)(;)(;)(;)

正常な内に知っておきたい光線療法

下記ブログの抜粋です詳しくは下記をクリック願います

ボケてしまった主人。光線治療三日目で!!

病院で検査を受けました。検査の結果、先生は主人の脳のレントゲン写真を見せながらさんは多発性脳軟化症です。そしてどんどん悪くなりますよ。と言う。

光線照射して三日目頃だったと思います。脳がよみがえって来るのが解る様になってきました。大便をさする様なことがなくなりました。良かった。本当に良かった。と思いました。

それには、当方の

光線がいい

全身の60兆の細胞のために

生活の質を下げないために自宅治療が一番

ボケてしまった主人。光線治療三日目で!!

何故ボケが改善されたの?とのご質問に答えます。

アルツハイマー、発症前に血液判定国立長寿研など発見

医聖ヒポクラテス

人間は誰でも体の中に百人の名医を持っている

光線で身体を温めれば自らの内に百人の名医が存分に働いてくれるのでは

<当方の光線治療器の原理>

1893年、デンマーク人のニールスフィンゼン博士によって世界で初めて太陽光線と同じ連続スペクトル光線を放射するカーボンアーク灯人工太陽灯が開発され、当時不治の病と言われていた皮膚病尋常性狼瘡(じんじょうせいろうそう)を治して、1903明治36年ノーベル医学生理学賞を受賞しています。

<この原理を進化させているのです>

また

体は温めると病気は必ず治る著者石原結實

発行所株式会社三笠書房

医師の石原結實氏は

体を温めると病気は必ず治る

クスリをいっさい使わない

を出版されています。

光線で身体を温めれば自らの内に百人の名医が存分に働いてくれるのでは

光線は単に温まるだけではありません

早くに光線療法を学んで自分の将来に自信を

健康のために

ご注文下さい、当方へ

赤外線でがん破壊治験へ

がんでお悩みの方、ご自宅での光線治療をお勧めします

光線のがん体験

だから

各ご家庭に光線室が必要です!!

我が家の場合指を切っても、孫の肺炎、急激な嘔吐などでも光線です。

痛い切っちゃった